スウェーデンのカール16世グスタフ国王(右)からノーベル化学賞のメダルと賞状を授与される吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

 スウェーデンのカール16世グスタフ国王(右)からノーベル化学賞のメダルと賞状を授与される吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

 ノーベル賞授賞式のリハーサルのためホテルを出る吉野彰・旭化成名誉フェロー=10日、ストックホルム(代表撮影・共同)

 【ストックホルム共同】ノーベル賞の授賞式が10日夜(日本時間11日未明)、ストックホルムのコンサートホールで開かれ、スウェーデンのカール16世グスタフ国王が化学賞の吉野彰・旭化成名誉フェロー(71)に最高の栄誉を示すメダルと賞状を授与した。授賞理由はリチウムイオン電池の開発。

 吉野さんは10日朝、「晴れ晴れとしています」と話した。午前中からリハーサルに臨み、ホテルに戻ると本番で着用するえんび服に着替えた。

 共同受賞はマイケル・スタンリー・ウィッティンガム米ニューヨーク州立大特別教授(77)とジョン・グッドイナフ米テキサス大オースティン校教授(97)。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加