衛藤晟一少子化対策担当相は10日の閣議後記者会見で、2019年の出生数が87万人を下回る可能性があることを明らかにした。統計開始から初めての90万人割れで、21年と見込んでいた想定より2年早い。

このエントリーをはてなブックマークに追加