AIが分析してパソコン業務を“見える化”するサービスや機器が並ぶ展示会=佐賀市のガーデンテラス佐賀

 NTT西日本グループの最新のICT(情報通信技術)サービスや機器を集めた展示会「NTT WESTコレクション」が3日、佐賀市で開かれた。県内企業の経営者や従業員が訪れ、働き方改革やBCP(緊急時の業務継続計画)対策、キャッシュレス対応などの製品を見て回った。

 AI(人工知能)がパソコン業務を分析して課題を“見える化”するシステムや、災害時に備えて社内のデータをクラウド上に保管するサービス、QRコード決済に対応した端末など約20種類の商材が並んだ。担当者は実際に機器を動かして来場者に説明し、機器を導入した後の支援や安全性の高さなどを強調した。

 展示会を運営したNTTビジネスソリューションズの担当者は「ICTはさまざまな分野に広がり、中小企業でも無関係ではなくなっている。ICTの理解を深める場になったのでは」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加