9日、ニュージーランドの火山島ホワイト島から上がる煙(GNS SCIENCE提供・ロイター=共同)

 9日、ニュージーランドの火山島ホワイト島の噴火でけがをして、対岸の北島に待機していた救急車に運び込まれる人(AP=共同)

 ニュージーランド・ホワイト島

 【シドニー共同】ニュージーランド北島沖にある火山島ホワイト島が9日午後2時11分(日本時間同日午前10時11分)、噴火した。同島は無人島だが、警察によると島や周辺に噴火当時約50人の観光客がおり、23人が救出されたが少なくとも5人が死亡、18人がけがをした。行方が分からず島に取り残されたとみられる20人以上について、警察は生存者はいないとの見方を示した。

 オーストラリアのモリソン首相は自国民が被害に遭ったと明らかにした。死傷者の詳しい内訳は不明。オークランドの日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加