笹川スポーツ財団、日本スポーツボランティアネットワークと締結した協定書を手にするスポーツ庁の鈴木大地長官(中央)=9日午前、東京都新宿区

 日本スポーツ協会は9日、スポーツボランティア活動を推進するため、笹川スポーツ財団、NPO法人「日本スポーツボランティアネットワーク」と協定書を締結し、東京都内で調印した。

 同財団からは関連調査結果の提供を、同ネットワークからは運営のノウハウの提供をそれぞれ受け、中央競技団体などに活用事例を紹介する。自治体を含めて大会主催者向けに研修する。

 調印式で立会人を務めたスポーツ庁の鈴木大地長官は「各種大会の情報と、ボランティアを希望する人のマッチングをより幅広く、効率的に行うもので、極めて時宜にかなっている」とし、東京五輪を控えた連携に期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加