バレーボール・Vリーグの久光製薬スプリングス(佐賀県鳥栖市)は8日、岡山県総合グラウンド体育館でスターカンファレンス4位の埼玉上尾メディックスと対戦し、0―3で敗れた。通算成績は6勝8敗(勝ち点18)でプレミアカンファレンス4位。

 久光製薬は第1セット、序盤からリードを奪われ、そのまま19―25で落とした。第2セットは競り合いになりジュースに持ち込んだが、相手の外国人選手に強烈なスパイクを打ち込まれ、24―26で連取された。後がなくなった第3セットは、石井優希や井上愛里沙を軸に攻めたが、相手の勢いを抑えられず19―25で失った。

 久光製薬は14日、茨城県のアダストリアみとアリーナでプレミアカンファレンス5位の日立リヴァーレと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加