鳥栖-清水 後半、相手に先制を許し、声を掛け合って戦術を確認するFW小野(中央)ら鳥栖イレブン=静岡市のIAIスタジアム日本平

 勝って自力での残留を目指したサガン鳥栖だったが、攻撃が単調になり流れを引き寄せられなかった。主将のMF福田は「不本意な結果になってしまった。残留できたのは最低限の結果。何とか来季にはつなげられた」とチームの思いを代弁した。

 今季は序盤の失速が大きく影響し、かつてないほど苦しいシーズンとなった。5月上旬からチームを率いた金明輝(キン・ミョンヒ)監督の下で攻撃的なサッカーに取り組んだものの、最下位からなかなか抜け出せなかった。

 「ミョンヒさんに代わって良い積み上げはできた。ただ、順位の部分がメンタルに影響して、良さを継続して出すことが難しかった」。FW豊田は追い込まれた状況でシーズンを戦い抜いた苦悩を明かした。

 来季は金監督の続投が濃厚で、始動からチームをつくり込める。豊田は「スタートから取り組めれば、もっと成熟していく。メンタル面の安定がいいパフォーマンスを生み出すはず」と話し、チーム一丸となっての巻き返しを誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加