サガン鳥栖のJ1残留が決まり、拍手を送るサポーター=佐賀市のモラージュ佐賀

 佐賀市のモラージュ佐賀で開かれた鳥栖-清水のパブリックビューイングには約400人のサガン鳥栖サポーターが駆けつけた。残留を争うライバルとの激しい攻防に一喜一憂した。

 1点を追う後半、残留を争う湘南の先制が報じられると、悲鳴のような声が響いた。試合終盤、ネットで他会場の結果を知ったサポーターが「湘南は引き分けた」と声を張り上げると、「やった」「残留だ」と歓声が上がった。

 佐賀市の遠藤浩幸さん(50)は「残留できたことが一番。来シーズンはスタートダッシュを」と期待を込めた。同市の柴田勝貴さん(35)は湘南と引き分けた松本に「ありがとう」と感謝しつつ、「来年は優勝争いでハラハラさせてほしい」と注文をつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加