佐賀空港へのオスプレイ配備計画に関し「理解が得られるよう丁寧に説明したい」と述べた河野防衛相=東京・市谷の防衛省

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイの木更津駐屯地(千葉県木更津市)への暫定配備を巡り、木更津市は6日、防衛省のこれまでの説明に対する市の見解をまとめ、「暫定期間を明らかにしなければ受け入れるかどうか判断はできない」とする報告書を公表した。

 防衛省は暫定期間の確定はできないとしながらも、目安を検討する意向を明らかにしており、市は防衛省の回答を踏まえて判断する方針。機体の安全性や操縦訓練の内容について報告書は「説明に不合理な点はない」と問題視しない姿勢を示した。

 防衛省は佐賀空港(佐賀市)への恒久配備を目指しているが、佐賀県有明海漁協との協議が続いており、木更津駐屯地に暫定配備する方針を示している。

 河野太郎防衛相は同日の閣議後会見で「(漁協に)ご理解を得られるよう、しっかり丁寧に説明していきたい」と述べた。木更津駐屯地への暫定配備期間については「事務方が答える」として言及しなかった。防衛省報道室は「予断を持って示すことは困難」「配備期間の目安について検討を進めたい」などと文書で回答した。

このエントリーをはてなブックマークに追加