【トリノ共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日、トリノで行われ、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)は70・71点で6位と出遅れた。アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の85・45点で首位に立った。

このエントリーをはてなブックマークに追加