支えられながらも懸命に突起物に手を伸ばす参加者=佐賀市のクライミングジム「インパクト」

次につかむ突起物の位置を教えてもらう参加者(中央)=佐賀市のクライミングジム「インパクト」

壁をたたく音で、次につかむ突起物の位置を教えてもらう参加者ら=佐賀市のクライミングジム「インパクト」

 視覚障害者と健常者が一緒に楽しむパラクライミング体験会が1日、佐賀市鍋島町のクライミングジム「インパクト」で開かれた。参加した約30人が互いに声を掛け合いながら、目の前の壁に挑んだ。

 パラクライミング世界選手権覇者の小林幸一郎さんが講師を務め、壁を登る時の手掛かりとなる突起物(ホールド)の位置の伝え方や登り方を指導した。参加者は3人一組になり、「次は左手の10時の方向」など突起物の位置を教えたり、互いに応援し合ったりして、同じルールでクライミングを楽しんだ。

 佐賀市の大坪宏さん(65)は「チャレンジする気持ちが湧いてくる。健常者の人と交流しながら、体も動かせて二つのことが一遍に楽しめた」と満足げ。息子の案内で2メートルの高さまで登った同市の古賀喜実子さん(57)は「遠慮のない案内だったけど、家族で一緒にスポーツができたことが何よりうれしい」と笑った。

 唐津市相知町にある「たかだ電動機」の視覚障害者支援部「てんとうむし」の結成7周年を記念したイベント。視覚障害者が全身を動かすスポーツを楽しむ機会をつくろうと県内で開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加