東名高速道路であおり運転を受けた夫婦が死亡した事故で危険運転致死傷罪などに問われた男の控訴審判決で、東京高裁は6日、同罪の成立を認めて懲役18年とした一審を破棄し、横浜地裁に審理を差し戻した。

このエントリーをはてなブックマークに追加