国民民主党の原口一博国対委員長は5日の記者会見で、立憲民主党などとの早期合流に重ねて意欲を示した。党内外の中堅・若手議員から合流を求める声が相次いでいることに関し「かつての仲間と力を合わせて一つの党になるのは賛成だし、先導したい」と述べた。

 次期衆院選を見据え「大きな固まりにするのは必然だ。どちらが小選挙区か、どちらが比例名簿順位で上になるかなど、どうでもいい議論だ」と指摘。「相手がいつでも衆院を解散しようという時に、ばらけていたのでは話にならない」とも語り、合流を急ぐべきだとの考えを強調した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加