強化方針を巡ってトップ選手と対立が続いている全日本テコンドー協会の新たな会長候補に、日本卓球協会の木村興治名誉副会長が挙がっていることが5日、複数の関係者の話で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加