ジュニア男子SP 演技する佐藤駿=トリノ(共同)

 【トリノ共同】フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナルは5日、トリノで開幕し、6人による男子ショートプログラム(SP)で佐藤駿(埼玉栄高)が三つ全てのジャンプを成功させ、77・25点で3位につけた。鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)でミスが出て、71・19点で6位と出遅れた。

 アンドレイ・モザレフ(ロシア)が82・45点で首位発進した。

このエントリーをはてなブックマークに追加