京都大iPS細胞研究所の「ストック事業」について、自民党の調査会が、2022年度までは今のまま事業の支援を継続するよう竹本直一IT・科学技術担当相に提言したことが5日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加