【モスクワ共同】ロシアのメドベージェフ首相は5日、同国のドーピング検査データ改ざん問題で、世界反ドーピング機関(WADA)が9日にロシアへの処分を決定することについて「非常に困難な決定になるだろう」との認識を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加