生涯現役社会の実現に向けた地域ワークショップ(佐賀労働局、高齢・障害・求職者雇用支援機構佐賀支部主催)が18日、佐賀市のアバンセで開かれた。県内企業の人事担当者ら60人が豊富な経験を持つ高齢者がやる気を持って働ける土壌づくりの大切さを学んだ。