第三章 疾風怒濤(三十二) 閑叟の声が高まる。「そうだ。しかも船ごと売るのではなく、蒸気罐だけ売ったり、海軍所ごと売ったり、相手の要望に合わせて様々な売り方ができる」 夕日を受けて閑叟の顔は輝いてい…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加