福井木材(唐津市、福井浩二郎社長)は1日、社名を「フクイM&C」に変更した。木材だけでなく、内装や建具といった工事が事業の約7割を占めており、企業イメージの改新を図る目的。工事や資材販売にさらに力を入れる。

 同社は1909年創業。木材や住宅資材の販売、内外装工事などを手掛ける。売上高は26億9396万円(2019年9月期)。

 担当者は「創業110年の歴史の中で変化してきた業務内容や時代の変化に合わせて社名を変えた」と説明した。住設機器や住宅用資材、建設工事などに重点を置いて事業を展開する。

このエントリーをはてなブックマークに追加