【モスクワ共同】ロシアのドーピング検査データ改ざん問題で、世界反ドーピング機関(WADA)が、ロシアから提供を受けた145選手のデータに改ざんがあったと判断していることが分かった。タス通信が3日、報じた。

このエントリーをはてなブックマークに追加