宮永(みやなが)未央(みお) 琴乃(ことの)に小説(しょうせつ)を書(か)くことの楽(たの)しさについて話(はな)していたら、背後(はいご)から声(こえ)をかけられた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加