人権・同和教育の取材で、教育関係者から小学校の道徳の教科書に取り上げられている「泣いた赤おに」を紹介された。童話作家浜田広介の名作で、赤鬼と青鬼の友情が感動を呼び起こす物語で知られる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加