広東料理を少人数でぜいたくに

 

 点心や飲茶が特徴の広東料理でコース料理を提供する「中華料理 貴靖takayasu」が12月4日、武雄市武雄町の旧市役所裏にオープンします。カウンターとテーブル二つという中華料理店には珍しい内観で、ぜいたくなひとときを少人数で楽しみたい時にうってつけです。
 オーナーシェフの佐藤裕貴さん(37)は、沖縄、東京、京都と各地の一流ホテルで腕を磨き、上海で日本総領事公邸料理人も務めた経歴の持ち主。結婚を機に佐賀へ越し「お客さんに目の届く範囲で、きめ細かな対応ができる店」を目指して自ら開業を決めました。
 料理はコースのみ。昼は2500円の飲茶ランチから4500円まで、夜は4000円から7000円まであります。飲み物は紹興酒(600円~)のほか、佐賀の酒や中国酒のカクテルも提供します。
 観光客にも喜んでもらおうと、食材や器は地元のものを軸に構成。「広東料理では高級扱いでも、佐賀や九州では手に入りやすい食材もある」と地域の強みも伝えていきます。小学生以下は入店不可。 

DATA

 

[住]武雄市武雄町富岡7846‐2
[電]0954(27)7433
[営]11:30‐13:30、
18:00‐20:00(いずれもラストオーダー)
[休]火曜
[P]なし

このエントリーをはてなブックマークに追加