唐津市北波多の山あい。7千枚を超えるソーラーパネルが眼前に広がる。もともとは芳谷炭鉱のボタ山。工業団地用に2004年に造成されたが、遊休地と化していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加