物資の供給に向けた協定を結んだグッデイの柳瀬隆志社長(左)と田島健一町長=白石町役場(同町提供)

物資の供給に向けた協定を結んだ田島健一町長(下段右から2人目)ら=白石町役場(白石町提供)

 白石町は22日、災害時の物資を確保するため、ホームセンターなどを運営するグッデイ(本社・福岡県、柳瀬隆志社長)と連携協定を締結した。災害時に衣類や日用品などの物資を町内へ供給、避難所に送り届ける機能も担う。

 町内に店舗はないが、町の要望に応じて毛布やタオル、飲料水などの日用品から、懐中電灯や大型石油ストーブといった電気用品までさまざまな物資を供給する。必要な物資を受け取った町は、後日物資の供給にかかった代金を支払う仕組み。

 県内では店舗がある基山町、伊万里市とも協定を結んでいる。町総務課は「災害で小売店の経路などが遮断される恐れがあるため、幅広い経路を確保する必要がある。町の備蓄もあるが、協定で、いろんな災害のケースに備えることができる」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加