視覚障害者支援部「てんとうむし」を社内に持つ唐津市相知町の「たかだ電動機」が、同支援部の結成7周年を記念して「てんとうむし*アイ*フェスタ」を30日と12月1日に佐賀市で開く。入場無料。

 視覚障害への理解を深めてもらおうと開催。てんとうむしは、視覚障害者の歩行訓練に専門の歩行訓練士を派遣する活動などをしている。

 30日は同市天祐の勤労身体障害者教養文化体育館で開催。視覚障害者などへのクライミングの普及に取り組むNPO法人の代表・小林幸一郎さん=東京都=が講演する。小林さんは今年のパラクライミング世界選手権で優勝した競技者でもある。

 午後2時半からはコンサートがある。電子オルガン奏者の久米詔子さん、視覚障害者でバイオリンを演奏する寺田喜美子さん、ドラムを演奏する鍋島敏明さんによるセッションを楽しめる。

 12月1日は同市鍋島のクライミングジム「インパクト」でパラクライミングを体験できる。小林さんが講師を務める。要予約で先着20人(小学生以上)。申し込みは電話0955(62)2888、ファクス0955(62)5465。

このエントリーをはてなブックマークに追加