大阪市の小6女児誘拐事件で逮捕された伊藤仁士容疑者宅で保護された茨城県の女子中学生(15)が6月に行方不明になった際、「しんどい」などと書いたメモを自宅の部屋に残していたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加