■魚文化いつまでも 朝晩は肌寒さが残るが、いよいよ春の訪れだ。唐津の魚も春色までもう一息。桜が咲く前のわずか2週間ほどだけ、そう呼ぶことができる「桜鯛(さくらだい)」もそろそろだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加