運転開始から40年を迎える玄海原発1号機の廃炉は、これまで国や電力会社が直視することを避けてきた原発が抱える根源的な課題に、いやが応でも向き合わざるを得なくなったことを意味する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加