日本郵政の不祥事で思い返した。小泉純一郎首相が解散・総選挙までして成し遂げた郵政民営化。国民の信を問うまでの政策だったのか。民営化はいずれ必要だったのかもしれないが、性急すぎたのではないか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加