東京・池袋で4月、暴走した乗用車に母子がはねられ、死亡した事故で、警視庁は先に自動車運転処罰法違反(過失致死傷)容疑で運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を書類送検した。元院長は88歳。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加