8月28日未明の大雨で浸水して休店していた食堂「かみや」が、ようやく改装を終え、25日に営業を再開することになりました。

 人気のちゃんぽん、カツ丼はもちろん、丼もの、カレー、オムライス、ハンバーグなどの定食類まで、どれを食べても「はずれなし」と評判の食堂。「『再開いつ』『いつからね』と聞かれ続けてきた。ようやく開けられる」と店主の小路丸貴之さん(48)から笑顔がこぼれます。

 浸水で厨房機器から食器類まで全て使えなくなりました。店を片付け、何度も掃除を重ね、一から物をそろえて再開にこぎつけました。「大工さんも不足していたし、厨房機器も簡単にはそろわず時間がかかった」と貴之さん。

 新しい鍋や丼の大きさが少し違ったり、3カ月のブランクもあって以前のように営業できるか不安もあるそうです。名物のちゃんぽんの器も以前より小ぶりですが、量は変わらず盛り付けが「こんもり」に〝変身〟するそうです。「心配もあるが、店を開けることが何よりの恩返し」と表情が引き締まりました。

 住所は武雄市北方町志久96-6。11時~15時、17時~20時。日曜・第4月曜定休。電話0954(36)2915。

このエントリーをはてなブックマークに追加