オラキオさん

 来年3月22日に開かれる「さが桜マラソン2020」の運営委員会が21日、佐賀市の佐賀新聞社で開かれ、フルマラソンの完走者全員に有田焼のメダルを贈ることを決めた。お笑い芸人のオラキオさん(42)が大会ゲストに決定し、スタート地点やコース沿いで完走を目指すランナーを応援する。

 フルマラソン完走者へのメダルの贈呈は、ハーフからフルになった2013年の大会以降初めて。参加ランナー一人一人の完走を目指す意欲や、大会の満足度を高める狙いがある。佐賀の伝統産業である有田焼で作り、県陶磁器工業協同組合を通して製作する。

 大会ゲストのオラキオさんは鳥栖市出身。鳥栖工高で体操競技に打ち込み、全国高校総体や国民体育大会に出場した。その経験を生かした体操選手のものまねなどで知られ、ドラマや映画、舞台などで幅広く活躍している。東京で体操教室も開いている。

 桜マラソン初参加のオラキオさんは「佐賀の皆さんに会えるのを楽しみにしています。皆さんがけがなく完走できることを願いながら応援させていただきます」とコメントを寄せた。女子1万メートル日本記録保持者の渋井陽子さん(40)や君原健二さん(78)、栁川春己さん(63)らも参加して盛り上げる。

 大会は佐賀新聞社、佐賀陸上競技協会、佐賀県、佐賀市、神埼市が主催し、ミサワホーム佐賀が特別協賛する。フルマラソンに8500人、ファンランに1500人の市民ランナーが出場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加