玄海原発3号機(手前)と4号機=東松浦郡玄海町

 九州電力は20日、定期検査を終えた玄海原発4号機(東松浦郡玄海町)が同日営業運転に復帰したと発表した。

 定検は8月に開始。10月24日に発電再開し、11月20日にあった国の最終検査に合格、同日午後3時10分に営業運転を再開した。原子炉内の燃料集合体は、全193体のうち72体を取り換えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加