【ワシントン共同】ウクライナ疑惑を巡る米下院委員会の弾劾公聴会で、ソンドランド駐欧州連合(EU)代表部大使は20日、民主党のバイデン前副大統領関連の捜査はトランプ大統領の「要求」だったとの書面証言を提出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加