首相主催で、政府が来年の開催を中止した「桜を見る会」を巡り、佐賀県の山口祥義知事は19日の定例会見で「こういう問題は、政治家が自らしっかりと説明責任を果たすことに尽きる」という見解を示した。

 知事は「招待を受けたことはあるが、行ったことはない。どのようなものかは分からない」と述べた。この問題では、招待基準の不透明さが取り沙汰されているが「基本的に功があった人が対象。(政治家が)それぞれ推薦したのであれば、説明責任を果たしていくことができればいいと思う」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加