【ニューヨーク共同】19日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前日比31・92ドル安の2万8004・30ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は18・30ポイント高の8568・24。

 19日に業績予想を下方修正した住宅用品販売大手のホーム・デポが下落し、相場の重しとなった。取引開始直後は、米中貿易協議進展への期待から買いが先行し、取引時間中の最高値をつけた。

このエントリーをはてなブックマークに追加