第98回全国高校サッカー選手権(12月30日~来年1月13日)の組み合わせ抽選が18日、東京都内で行われた。2年連続2度目の出場となる佐賀県代表の龍谷は、12月31日の1回戦で初出場の専大北上(岩手)と対戦する。

 龍谷は佐賀大会決勝で県総体覇者の佐賀北を1-0で破った。全5試合無失点と堅い守りを誇り、豊富な運動量を軸とする「全員守備、全員攻撃」で上位進出を目指す。

 対する専大北上は岩手大会決勝で、選手権16度出場の盛岡商を3-1で下して初優勝し、県総体との2冠に輝いた。全4試合で複数得点を挙げており、攻撃力が光る。

 前回覇者で23大会連続出場の青森山田は初戦の2回戦で米子北(鳥取)と対戦。夏の全国高校総体で初優勝を果たした桐光学園が県大会の準決勝から登場する神奈川県代表は2回戦で広島皆実と当たる。前回準優勝の流通経大柏、市船橋などが出場を争う千葉県代表も2回戦からで、日章学園(宮崎)とぶつかる。

 開会式の後に行われる開幕戦は国学院久我山(東京B)と前原(沖縄)の顔合わせとなった。選手宣誓は日章学園の阿部稜汰主将が務める。

このエントリーをはてなブックマークに追加