【北京共同】北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長は19日未明、米韓が合同軍事訓練の延期を決めたことに対し談話を発表、「米国に要求しているのは完全中止だ」と述べ、敵視政策を撤回しない限り非核化交渉に応じる気はないと強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加