長持(ながもち)に貼られている明治時代の佐賀新聞=佐賀市

明治時代の新聞が貼ってある長持(ながもち)=佐賀市

 ○…佐賀市の男性(70)が10月下旬、自宅の蔵を整理していたところ、明治時代の新聞が出てきた。布団などが入った「長持(ながもち)」と呼ばれる嫁入り道具の内側に貼られていた。

 ○…見つかった蔵には、年に1回ほどしか入らない。長持はいつ、誰が使っていたのかは分からないという。見つかったのは佐賀新聞や大阪毎日新聞などで、1891(明治24)年のもの。佐賀新聞には、列車の時刻表や広告などが掲載されている。

 ○…破れている部分があるものの、文字を読むこともできる。男性は「見つけたときはびっくりした。珍しいはず」と佐賀新聞社に連絡した。長持は今後、そのままの状態で布団などを収納する予定という。

このエントリーをはてなブックマークに追加