夜空いっぱいに広がる三尺玉=16日夜、伊万里市(長時間露光)

花火を目に焼き付ける若者たち=伊万里市黒川町の七ツ島地区

伊万里湾から打ち上げられる花火。手前は名村造船所、右奥は伊万里湾大橋=16日夜、伊万里市(約1分間露光)

伊万里湾から打ち上げられる大輪の花火=16日夜、伊万里市(長時間露光)

メイン会場の上空で大輪の花を咲かせるカラフルな花火(ドローンで空撮)

次々と打ち上がる花火が辺りを明るく照らしだす(ドローンで空撮)

メイン会場で花火を楽しむ見物客=伊万里市黒川町

 伊万里港一帯で16日に開かれた伊万里湾大花火(伊万里市、佐賀新聞社主催、Cygames特別協賛)。秋の夜空を8千発の花火が彩り、12万人の観客を魅了した。浴衣を着たカップルや親と一緒に空を見上げる子どもたち。この日、目に焼き付けた大輪を、いつか思い出すのだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加