大相撲九州場所8日目から休場した大関高安が来場所に大関から転落することが18日、確実になった。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が再出場させないことを明らかにし、2場所連続の負け越しが不可避となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加