沢尻エリカ容疑者

 合成麻薬MDMAを所持したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)が「MDMAは数週間前にイベント会場でもらった。これまでに大麻やLSD、コカインも使った」などと供述していることが18日、警視庁組織犯罪対策5課への取材で分かった。

 組対5課によると「10年以上前から違法薬物を使用していた」と説明している。組対5課は長期間、常習的に多様な薬物を使用していたとみて、入手ルートなどを詳しく調べている。

 沢尻容疑者は「これまでに有名人が薬物事件で逮捕されるたびに私も危ないんじゃないかと注意していた」と話している。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加