【北京共同】中国商務省は17日、米国との貿易協議を巡り、劉鶴副首相がライトハイザー米通商代表らと16日午前に電話協議したと発表した。「第1段階」の合意に関して「建設的な議論をした」と説明している。詳しい内容は明らかにしていない。「双方は密接な交流を続ける」とした。

 米中は高官による電話協議を続けているが、制裁関税の取り扱いで意見が折り合わず、合意が遅れる懸念も出ている。一方、トランプ米政権のクドロー国家経済会議委員長は特定分野に限った協議で「合意に近づいている」と発言している。

このエントリーをはてなブックマークに追加