電気事業連合会の八木誠会長(関西電力社長)は20日の定例記者会見で、老朽原発の廃炉に伴う使用済み核燃料の中間貯蔵施設を、電力各社が連携して確保することを検討すべきだとの考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加