山口市で住宅が全焼し、焼け跡から4人の遺体が見つかった火災で、現段階で現場に不審な点が見られないことなどから、山口県警が原因を失火とみて調べていることが15日、捜査関係者への取材で分かった。

 遺体は女性3人と男性1人とみられることも判明。県警はこの家に住んでいた4人とみて身元の特定を急ぐとともに、16日以降に遺体を司法解剖して詳しい死因や出火原因を調べる。

 県警などによると、住宅には無職炭谷延治さん(76)の妻美知代さん(71)、息子の功二さん(35)、娘の池田加奈子さん(31)、孫娘で中学1年の池田亜来亜さん(12)の計4人が住んでいた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加