県産ユズを使った柚子こしょうやかす漬けを主力商品として展開する川原食品(川原啓秀社長、佐賀市川副町)は16日10時から15時まで、佐賀のユズをテーマにした「柚子フェス」を開きます。いずれも県産ユズを使い「たまご色のケーキ屋さん」(唐津市)によるロールケーキや、「テムデサック」(小城市)のチーズケーキなどが出品され、豊かな味と香りを楽しめます。

 
 

 会場は川副町南里のMIFUKUAN本店です。こだわりの佐賀県産ユズや、自社農園のオーガニックユズを使った柚子こしょうを準備。11時から1時間ごとに計4回、自分好みの味に仕上げる「My柚子こしょう作り」の体験会もあります(1人1回500円)。

柚子フェスをPRする川原啓秀社長

 「旬菜饗宴 おかぎ」「駅前ワイン食堂 BiBi」などの出店者によるコラボ商品も準備し、おでんや牛すじ煮込み、ローストビーフやパンなどが並びます。

 創業101年を迎えた川原食品。川原社長は「佐賀県内は歴史的に柚子こしょうメーカーが多い土地柄だが、佐賀にもおいしいユズがあることが県内外になかなか浸透していない」とし、初めて開く柚子フェスが、佐賀のユズに目を向けるきっかけになればと話します。

 問い合わせはMIFIKUAN本店、電話0952(45)1234。

このエントリーをはてなブックマークに追加