金融街セントラルで「五大要求」などの実現を求め、デモ行進する人々=14日、香港(共同)

 【香港共同】香港で13日午後から14日未明にかけてデモ参加者らと警察が衝突し、頭にれんがが当たった男性(70)が死亡し、少年(15)が重体となった。14日には香港全域の活動まひを狙いとした交通妨害や抗議活動が続き、小中高校は全校休校に。社会の混迷が一層深まる中、政府が夜間外出禁止令を出すのではないかとの観測も出ている。日本人留学生の間には危険を感じて、日本に帰国する動きも出てきた。

 香港メディアによると、少年は警察が撃った催涙弾に当たった疑いがある。頭蓋骨が折れ、病院で治療を受けている。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加