24時間営業のファミリーマートの看板=東京都内

 ファミリーマートは14日、2020年3月からフランチャイズ加盟店の判断による深夜休業を原則認めると正式発表した。コンビニ大手の時短容認方針が出そろい、24時間営業を原則としてきたコンビニ経営の大きな転換点となる。経営合理化を進めるため、組織の構造改革として20年2月までに本部社員の1割に当たる約800人の希望退職を募ることも発表した。

 東京都内で記者会見した沢田貴司社長は「コンビニは飽和状態にあり、既存の加盟店の健全経営が全ての前提だ」と強調。売れ残った商品の廃棄費用の本部負担比率を高めるなど、加盟店支援に年間約100億円を投じると表明した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加